毛穴 黒ずみ

小鼻の黒ずみの原因

小鼻の黒ずみにはいくつかの種類が存在しますが、身近で多い原因としてメラニン生成と皮膚の乾燥があげられます。

毛穴に対して角柱や汚れが詰まった状態で放置しておく行為は、皮膚の酸化リスクを高めると同時に不衛生な状況が続く結果となるため、メラニン色素の沈着及び炎症が生じやすく肌を黒く変質させてしまいます。

悪化させないような対応策は皮膚をできる限り保湿しておくほかにも、刺激を与えすぎないケアが重要であり、洗顔料の泡や蒸しタオルをうまく活用しつつ必要な皮脂まで落とさないよう気をつけるのが効果的です。

また、毛穴パックや毛抜き・ピンセットなどで手入れを行うと一時的には黒ずみ対策になりますが、角柱を無理に取り除いた結果として毛穴へのダメージが増加するリスクを考慮しなければなりません。

小鼻の角柱の正体は?

小鼻に特に出来やすい角柱は、色々な要因で起こる肌トラブルです。黒ずみやニキビの原因にもなるので、早めに対処して改善しましょう。この肌トラブルが起こる要因として、まず挙げられるのが古い角質です。

肌の新陳代謝「ターンオーバー」の周期が乱れてしまうと、通常垢として剥がれ落ちなければいけない角質が、そのまま残ってしまいます。この残った角質が毛穴に詰まってしまうと、ぶつぶつとした角柱になってしまうのです。

また、毛穴の中に皮脂やファンデーションなどの汚れが詰まる事も、1つの要因と言われています。これらが紫外線を浴び酸化してしまうと、黒ずみになってしまうので注意が必要です。

予防・改善するには正しいスキンケアを行う、生活習慣を見直すといった対策法が有効です。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

小鼻の黒ずみは男女問わず気になることだと思います。手軽にきれいにする方法としては毛穴パックがありますが、あまり頻繁にやると肌を傷めてしまうため説明書の使用方法を守ることが大切です。

またピーリングや角柱を綿棒で押し出す方法なども小鼻の黒ずみを取り除くのに効果的ではありますが、どの方法をやるにしても事前の洗顔や女性であればメイク落としでしっかりと化粧を落としておく、黒ずみケア後にはしっかりと保湿して時間が許す時は保冷剤などで冷やすと毛穴が引き締まり目立ちにくくなるはずです。

無理やり角柱を取り除こうと強い力で押し出したり、毎日のようにやると毛穴の形状が変わり逆に黒ずみが取れにくくなることもあるので、週に1回くらいのペースが理想的です。

小鼻の黒ずみを取る方法

鏡を見るたびに、鼻の黒ずみが気になるという女性は少なくありません。メイクで隠そうとして厚塗りすると、肌に負担がかかり、状態がさらに悪化することもあります。

Tゾーンは、他の部位に比べると毛穴が多いのです。そのため、肌トラブルが起こりやすくなっています。

鼻をしょっちゅう触る癖があると、刺激で炎症が起きることもあるので、鼻を触らないように注意する必要があります。

毛穴を良い状態に保つためには、正しいスキンケアが大切です。カチカチの肌を柔らかくして、ターンオーバーを正常化することで、本来の肌の状態へと回復していきます。

洗顔料を使って、優しく汚れを落としたら、乾燥しないようにしっかりと保湿します。十分に保湿することで、肌は元気になります。

綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法

鼻にできてしまった角栓のつまりや黒ずみをケアできるオリーブオイルと綿棒でとても簡単にケアする事ができ、肌を傷つける事もなく頑固な角質までも綺麗になくなります。

鼻などの毛穴に詰まった角質や皮脂はなかなか取れにくいですが、オリーブオイルと綿棒を使用する事で毛穴に詰まっている皮脂や汚れがオイルに反応して毛穴の外に溶け出し、皮脂のバランスに近い成分で肌に優しく黒ずみもケアする事が出来ます。

頑固な角質もしっかりと落とす事が期待でき、揃えやすい低価格で行う事が出来ます。

洗顔後にマッサージをしながら黒ずみの気になるところに優しく行う事で、簡単にケアする事が出来て最後に冷水ですすいで保湿をする事で目立たなくなります。

ニベアとオロナインは鼻の黒ずみに有効?

鼻の毛穴の黒く目立つポツポツとした黒ずみ対策にニベアとオロナインパックが有効です。

お風呂に入っている時間を利用して簡単に行うことができるのも魅力で、その素晴らしい効果を実感することができます。

ニベアを湯船に浸かっている間に気になる鼻に塗りラップを上から貼り付けます。汗がでるまで十分に湯船に入浴したあとはいつも通り洗顔を行います。鼻の黒ずみや毛穴に効果的です。決してすりこまずに、のせる様に置くのがポイントです。

オロナインパックも同様に気になる部分に塗布し10分ほど放置し洗い流したら鼻パックを貼りつけます。

どちらのパックも行う前には洗顔を行い余分な油分は毛穴の汚れを落としておきます。また洗い流す温度はクリームが落ちやすい温度のぬるま湯を使用します。37度前後のお湯でやさしく洗顔してください。

いちご鼻ってなに?

よく言われる「いちご鼻」という肌トラブルは、どのような状態なのでしょうか。

この肌トラブルは毛穴が黒ずむ事によって、鼻にまるでいちごの表面のような凸凹感が出てしまうのが特徴です。

なぜ、このような状態になってしまうのかというと、様々な要因が挙げられます。まず挙げられるのが角栓の詰りです。

皮脂分泌が多く毛穴の中に皮脂が詰まると、やがて固まり角柱になってしまいます。この角柱が紫外線を浴び酸化してしまうと、黒くなるのでぶつぶつ感が出るのです。

また、肌のターンオーバーがスムーズに行われず、古い角質が毛穴の中に溜まってしまう事も引き金となります。

この他にファンデーションなどメイクの油分が、毛穴に詰まり酸化する事も1つの要因です。

いちご鼻の治し方

いちご鼻は、角柱ケアをすることで、改善させることができます。

いちご鼻に悩む方は、オイリーと思われがちですが実はインナードライ肌であることが多く、肌のターンオーバーを保湿で正常化させることで、古い角質がはがれやすくなり、角栓がたまりにくい肌に導くことができます。

メラニン対策として、紫外線を防ぐための正しいスキンケアも必要です。紫外線を浴びるときは、低刺激のUVクリームやフェイスパウダーを使ってしっかりUVケアを行うことで、鼻が黒ずむのを防ぐことができます。

いちご鼻には専用のパックが販売されていますが、使いすぎるとターンオーバーが乱れインナードライが進行してしまうことがありますので、保湿メインのケアがおすすめです。

いちご鼻がなかなか治らない原因

毛穴に詰まっている酸化した皮脂や汚れによって角柱ができてしまい、結果的にいちご鼻になってしまうケースが多いです。

いちご鼻は正しいクレンジングによってある程度は改善することができるのですが、それでもなかなか治らないという場合は、ターンオーバーが乱れてしまっているのかもしれません。

ターンオーバーが乱れると、毛穴の黒ずみを改善できるようになるまで時間がかかるので、まずは正常化させることを優先したほうが良いです。

28日周期が一般的なので、もしそれ以上長くかかるような状態でしたら、ピーリング効果が得られるジェルやスクラブ入りの洗顔料などを使って、古い角質を落としてみてください。定期的に使用していると、少しずつ正常化します。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

毛穴に悩むのは女性だけではありません。男性は男性ホルモンの働きにより、女性よりも皮脂分泌が過剰なので皮脂詰まりを起こしやすいです。そのため、毛穴に皮脂が詰まって黒ずみになってしまう人が多いです。

洗顔はしっかりと行い、できれば化粧水などでスキンケアを行うといいでしょう。紫外線のケアも女性と比較すると行っていない人が多いです。紫外線によりできるメラニンは、黒い色素です。

黒ずみを悪化させてしまう原因になります。日傘に抵抗がある男性は多いですが、最近は塗っても白くならない日焼け止めが販売されています。

毎日の生活の中で、紫外線対策やスキンケアなどに気を付けましょう。脂っこい食事も控えると、さらに効果的です。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングの選び方

鼻の黒ずみを解消したい、また予防したいのであればクレンジング選びに注意しましょう。

まず、きめ細かい泡が出来るクレンジング剤かどうか、チェックする事をおすすめします。

泡立ちが良く、泡のきめも細かいクレンジング剤だと、毛穴の中に洗顔泡が入り込みやすくなります。毛穴の中に詰まっている皮脂やファンデーションなどの油分・汚れ、古い角質などを落としやすくなるのです。きめ細かい洗顔泡だと黒ずみや毛穴詰まりを引き起こす、角柱ケアできるのでおすすめです。

ただ、いくらきめの細かい泡ができるクレンジング剤でも、自分の肌に合わなければ元も子もありません。クレンジング剤を選ぶ際は、まず肌に合うものを選ぶという事が基本となります。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジング方法

鼻の黒ずみは正しいクレンジングを行う事によって、改善・予防が出来ます。

まず、洗顔前には必ず手を洗うようにしましょう。意外と忘れてしまいがちですが、手には多くの雑菌がついています。そのまま洗顔してしまうと、肌に雑菌が付着し肌トラブルを引き起こす原因になってしまうのです。ですので、洗顔をする前に手を洗うという、一手間が必要となります。

また、クレンジング剤を洗い流すのは、人肌程度のお湯にしましょう。あまり熱すぎてしまうと、肌に必要な皮脂や水分まで洗い流してしまいます。
皮脂・水分量が低下した肌だと、余計に皮脂分泌が過剰となり毛穴が黒ずみやすくなるのです。同じ理由から洗顔時間も肌が乾燥しないよう、2分以内に留める事が大切です。

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策

鼻の黒ずみ対策は洗顔後のケアが、とても重要となってきます。
洗顔し終わったらすぐに化粧水で、保湿ケアを行いましょう。

肌の乾燥が進むと皮脂分泌が多くなったり、ターンオーバーの周期が乱れ、黒ずみが出来やすい肌質になってしまいます。

ただし、化粧水を付ける際はパッティングしないという事が大切です。パッティングすると、より保湿成分が肌の奥へと浸透するようなイメージがありますが、叩くようなケアは刺激となりかえって毛穴が広がってしまう恐れがあるのです。ですので、化粧水はパッティングせず、肌に押し付けるような感覚で優しく浸透させましょう。

また、毛穴を引き締めようと冷水パッティングする方も少なくありませんが、冷水パッティングも毛穴にとっては大きな刺激となります。一時的に毛穴が締まるだけなので、冷水パッティングはしないのがおすすめです。

鼻の黒ずみを予防する食生活とは

鼻の黒ずみが気になるという方も少なくありません。
鼻は皮脂分泌が盛んな部位という事もあり、毛穴が詰まりやすいのが特徴です。

黒ずみを解消する方法といえば、洗顔などのスキンケアというイメージがありますが、実は食生活を見直す事も大切なポイントです。

皮膚の表面に活性酸素が増えると、皮脂が過酸化脂質へと変化し黒ずみを引き起こします。ですので、抗酸化作用の高い食品を摂り、活性酸素を除去する事で黒ずみ対策となるのです。

ビタミンCやビタミンEといった栄養素を多く含む食品は、抗酸化作用に優れているので意識して食べましょう。

また、皮脂の分泌を増加させる脂っこい食べ物やアルコール、そしてビタミン・ミネラル類が少ない外食は控えるのもおすすめです。

この他に、食事をする際は一口30回、よく噛むという事も美肌作りに有効です。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣

肌の悩みの中でも多くの方にあてはまるのが、毛穴に汚れが詰まってしまうということでしょう。こうした毛穴詰まりに対処するための化粧品は多く存在しますが、しかし実は大切なのが生活習慣です。

美肌になるためには、健康であることが不可欠です。十分な睡眠に適度な運動、そして規則正しい生活というのが重要です。

また、ストレスフリーであることも美肌の条件です。日常生活で全くストレスを感じないという人はいないと思いますが、お風呂に入ってリラックスするなど上手にストレスを解消するよう努めましょう。

また、飲酒やタバコは控えるのが大原則です。もちろん完全に絶ってしまうとなるとそのことがストレスになる方もいるでしょうから、無理のない範囲で量を調節してみましょう。